ダイエットにはやっぱり筋トレが一番?

ダイエットをするにあたって、できるだけ効率良く痩せていきたいですよね。無理なく無駄なく、体重を減らす方法はあるのでしょうか?

 

筋トレでダイエットできる?

「痩せたい!」と思ってダイエットを始めても、本当に方法がカラダに合っているかは分かりませんよね。筋トレもダイエットには効果的ですが、ただやみくもに行っても意味がありません。

 

むしろ、カラダを壊してしまう原因にも繋がってしまいます。せっかくダイエットをする気になって、行動に移したとしても「逆効果だった」なんてことは避けておきたいところです。

 

そこで、「痩せるため」の筋トレをご紹介します。筋トレでダイエットをしようとしている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

痩せるための筋トレとは?

痩せるためとはいえ、無駄な労力を使わずに効率も求めたいですよね。筋トレによるダイエットも、いくつかのコツを抑えておけば、効率良く痩せることができますよ!

 

まずは、大筋群から鍛えるようにしてみましょう。人間のカラダには「特に大きな筋肉」、つまり大筋群が2つあります。胸の位置にあたる「大胸筋」と、太ももの部分にあたる「大腿四頭筋」です。

 

効率良く痩せるためには、これら2つの大筋群を鍛えるのが効果的です。理由は、大きく分けて3つあります。

大筋群を鍛えて効率良く痩せよう

大筋群を鍛えるメリットは、まず1つ目に、大幅なエネルギー消費があります。カラダの中でも特に大きな筋肉ですから、使う場合には、小さな筋肉を使うよりもエネルギー消費が大きなものになります。軽いものを持つよりも、重いものを持つ方が、力を必要としますよね?そのような例と、同じような感覚です。

 

エネルギーを消費するということは、その分カロリーを消費するということにもなります。小さな筋肉をたくさん使うより、大きな筋肉を少なく使用するほうが、時間をかけずにエネルギーを消費しますから、ダイエットをするには効率が良いということが言えますよね。

 

2つ目に、大筋群を使うことで「基礎代謝」が上がります。基礎代謝とは、意識的な行動をしなくても、自然に消費するカロリーのことです。基礎代謝が高ければ高いほど、自然にエネルギーを消費(カロリー消費)につながりますので、太りにくいカラダであると言えます。

 

太りにくいカラダ=基礎代謝が高い。実は、基礎代謝の大半は筋肉によるものなので、筋トレをして大筋群の筋肉量を増やすことで、基礎代謝を上げることができるんですよ。適度な筋肉量が、太りにくいカラダを保ってくれます。

 

そして3つ目です。筋肉は、血流を促すポンプのような役割も担っていますが、大きい筋肉を使うことで、大きなポンプ運動が行われることになります。大きなポンプ運動がされると、伴って血液量も増えて、体温が上がります。体温が上がるということは、脂肪を燃焼しやすくなるということです。

 

オススメの筋トレは?

ダイエットには、大筋群の筋トレが効果的ですが、トレーニング方法はとても簡単です。誰でも一度はやったことのある、腕立て伏せやスクワットです。毎日のちょっとした空き時間にもできますから、少ない時間でも継続して行うと、より効果がありますよ!

 

筋トレによるダイエットを、より効果的なものにしてくれるアイテムもありますよ!「すっきりレッドスムージー」です。食事の量を抑えることができ、必要な栄養素も補ってくれるので、筋トレダイエットのお供にもぴったりです。